コーキングから仕上がりまで、外壁塗装の流れをご紹介

外壁塗装施行の一連の流れをまとめてみました。今後外壁塗装を依頼する時のために、基本的な流れだけでも覚えておくと色々質問も出来てお得ですよ!

外壁
まず高圧洗浄で埃やゴミなどを綺麗に洗い流していきます。そして劣化している既存のコーキングを綺麗に剥がします。ここで綺麗に取り除いておかないと新しいコーキングの効果が衰えてしまいます。
剥がしたらマスキングテープを貼り、養生します。
密着性を高める為にプライマーと呼ばれる接着剤を塗り、シーリングを施す箇所に副資材としてバックアップ材を入れます。
その後たっぷりとコーキング材を注入したら、空気が入らないようにヘラで慣らします。乾燥したら養生を除去します。

その後外壁の下塗りを行なっていきます。下塗りでは密着性を高める為にシーラーを用いて塗装します。下塗りと違う色で中塗りを行い、塗り残しの無いように塗装を行ないます。
そして仕上げの塗装として上塗りをしたら完成です!
もし自分で塗装したい箇所があるという時にも、これらの行程は参考になると思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る