一般的な塗り替えリフォームの作業工程をご紹介

塗り替えリフォームの作業工程をご紹介します!
大まかな流れだけでも知っておけば、ちゃんと丁寧な作業をしてもらえているのかの目安にもなりますよ。

外壁塗装

塗り替え行程

・足場組み
まず全ての作業の元にもなる足場組みが行なわれます。
大体半日程度で全ての足場が組み終わります。

・シート張り、水洗い
洗浄をする際に近隣の住宅に水しぶき等が飛び散ってしまわないように、まず家中にシートを張ります。
そして高圧洗浄機を使い外壁の汚れを落としていきます。綺麗に落とせないと今後の塗装の完成度に繋がるので非常に重要な作業です。雨樋の詰まりや汚れもこの時点で綺麗にします。

・養成、下地処理
塗装が不必要な場所にペンキがついてしまわないよう、瓦等に養生を施します。
そしてしっかりと下地処理を行ないしっかりと下地処理を行ないます。この下地処理も今後の塗装に関わる大きな要素ですが、中には手を抜いてしまう業者もあるそうです。

・下塗り、中塗り、上塗り
シーラーと言われる下塗り作業を行います。艶を失った外壁に艶を取り戻す作業で、この作業により塗装の持ちも決まってきます。
下地が充分に終わったら中塗り、上塗りを行い、綺麗な状態で長年持つ塗装を行ないます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る