外壁塗装 化粧塗り極意をご紹介

外壁塗装の施行では大抵3度塗りで作業が行われますが、サイディングに限り、4度目の「化粧塗り」という仕上げを行なう方法もあります。
今回はその化粧塗りの極意をご紹介致します。

化粧塗りの極意

外壁塗装 長短毛のローラーで丁寧に塗っていきます。
このローラーを使う事で、塗料が触れない壁の凹凸部分と目地が独特のデザインになるのが特徴です。
化粧塗りはコーキングよりも芸術的に、オシャレに仕上げる事が出来るため、一色だけのべた塗りが嫌な場合や、模様をそのままにしておきたい方におすすめの施行方法と言えます。

この塗装の特徴は見て頂くと分かる通り、斜めにローラーを転がす事です。
目地に塗料が入らないようにする事で、オリジナルの柄を生み出す事が出来ます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る