外壁塗装の必要性~防水塗装~

塗装は外観を美しくするだけでなく建物を保護するという大切な役割があります。 外壁は風雨や太陽光線、気温の変化などの自然現象にさらされ、汚れや老化、風化といった損傷を受ける場所です。 こまめにチェックをしてその段階にあった補修が必要です。
そこで大切なのが防水塗装です。

防水塗装は、建物の外観を美しくするだけではありません。
塗装は、外壁や屋根の傷みの原因となる『防水効果』を蘇らせ、腐ったり、あせたりといった家の老化を未然に防ぐはたらきがあるのです。
通常、防水塗装を必要とする外壁には、「サイディングボード」「モルタル塗り」「ALC板」などがありますが、「木材」と同様、どれも水に弱いという共通した性質があります。 塗装はそれらの構造体の「耐水性」を高め、『長持ちする家』にする大切な役目を果たしているのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る