外壁塗装を行なうタイミング

大体の場合、外壁塗装を行なうタイミングは10年とされています。
ただし塗料や天候による劣化程度でも変わってくるので具体的にどういう状態になったら塗装を考えたら良いかをまとめてみました。

【ひび割れ】
目視だけですので、最も分かり易い塗装タイミングの状態。
ひび割れた所から雨水が染み込んだりしてしまうので内部まで傷んでしまう可能性もあります。

【はがれ】
塗膜の密着部分が剥がれてしまいめくれてしまっている状態。
これも比較的分かり易いです。
めくれてしまい、外壁塗装の役割が全く機能していない状態の為やはり内部が傷んでしまいます。

【汚れ】
外壁塗装は本来汚れ自体が付かない様にする役割もある為、機能が弱くなってきている状態と捉える事が出来ます。

【チョーキング】
家の外壁を手で触った時にその色、または白い粉が付着してしまう状態です。
塗料自体が粉化してしまい、ひび割れなどと同じく雨水等で内部も痛み出してしまいます。

ぜひ参考にして良いタイミングで外壁塗装を考えてみてください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る