日本瓦・乾式洋瓦など

日本瓦や乾式洋瓦などの屋根材についてご紹介したいと思います。これらの屋根を少しでも長持ちさせるためのケア・塗装に関連した一般的知識を身につけておきましょう。

◆日本瓦
●日本瓦ってどういうもの?
別名をいぶし瓦・銀色瓦・黒瓦などとも呼び、表面をいぶした炭素の膜をつくることで屋根材を保護しているのが特徴。

メリット: 日本の風土に適合している
見た目に高級感がある
表面が炭素膜で覆われているので、耐久力が高い
デメリット: 塗装しにくい
重量がやや重たい

●日本瓦ってどんなふうに傷んでいくの?
日本瓦は耐久性が高いので、そんなに簡単には傷みません。汚れがひどい・割れている・コケが生えてきた、などの見た目で判断できる劣化が生じた場合にだけ対応すれば充分ではないでしょうか。

◆乾式洋瓦
●乾式洋瓦ってどういうもの?
スカンジア瓦・モニエル瓦・パラマウントなどと呼ばれることもあり、表面にスラリー層と呼ばれるセメント着色層があるのが特徴。それ以外の特徴はセメント瓦に近いといえるでしょう。

メリット: 表面にスラリー層という部分があるためセメント瓦より強い
デメリット: 塗膜・スラリー層が剥がれると脆い
スラリー層の上に定着しやすい塗料でないと、すぐに剥がれてしまう

●乾式洋瓦ってどんなふうに傷んでいくの?
表面のスラリー層が劣化してくると、コケや汚れが非常につきやすくなってしまいます。パッと見た感じですぐに分かる傷み方をするので、よく観察すれば酷くなる前に対処できるのではないでしょうか。

◆釉薬瓦
●釉薬瓦ってどういうもの?
飛鳥時代に朝鮮半島から製造法が伝わってきた瓦。釉薬によって様々な色をつけることができるので、昔から広く好まれています。別名は陶器瓦。

メリット: 見た目に高級感がある
釉薬が塗られているため、セメント瓦より強い
デメリット: 重量が重たい

●釉薬瓦ってどんなふうに傷んでいくの?
わりと耐久性のある釉薬瓦ですが、長く時間が経つと釉薬がひび割れてしまいます。色褪せ・ヒビ割れといった症状が現れたら塗り替え時と考えて良いでしょう。

◆アスファルトシングル
●アスファルトシングルってどういうもの?
アメリカでは非常に多く見かける屋根材です。日本ではあまり用いられていませんでしたが、近年に入って見かけることが多くなったように感じます。

メリット: コストが安い
デメリット: 火に弱く、やや燃えやすい

●アスファルトシングルってどういうふうに傷んでいくの?
時間の経過とともにカビ・コケが繁茂することがありますので、見た目に汚れが目立ってきたら要注意。また、一部が反り返ってきているようなら早めの対処が必須といえるでしょう。

ホームへ戻る

ページ上部へ戻る